太陽光発電について

太陽電池の構成について

  1. 電気的に性質の違う半導体(P型シリコンとN型シリコン)をPN接合でつなぎ合せた構造
  2. 電気を取り出す電極 光を効率よく入射して反射を防ぐ反射防止膜
  3. 光を効率よく入射して反射を防ぐ反射防止膜

電気が発生する仕組み

  1. シリコンの結晶に太陽の光が入ってくると、+電子と-電子が発生します。
  2. 発生した電子はシリコンの中を自由に動き回り、PN接合を介して+電子はP型シリコンへ-電子はN型シリコンに集まります。
  3. P型シリコンは+の電気を、N型シリコンは-の電気を各々浴びるようになります。
  4. 電極に配線をつないで電気を取り出すことが出来ます。

太陽光パネルの種類と特徴

さまざまな太陽電池の種類が開発されていますが、ここでは、一般住宅向けの太陽光パネルの種類と特徴についてご紹介いたします。

【シリコン系】

多結晶タイプ:シリコンの結晶の向きが他方性で生産コストが安いため、発電効率が他のタイプに比べ低いが、日本でもっとも普及している。

単結晶タイプ:シリコンの結晶が均一であるため、製造コストはかかるが多結晶に比べて発電効率が高い。

多結晶タイプ+アモルファス:ハイブリット型と呼ばれ、他のタイプに比べて発電効率が高く、シリコン特有の温度上昇による発電ロスがもっとも少ない。

【化合物系】

CIGS薄膜:銅、インジウム、ガリウム、セレンを原料とした化合物半導体をもちいた太陽電池。シリコンの結晶系に比べて生産コストがやすい。単位面積あたりの発電効率が低いので設置面積が広くなる。

発電効率 単結晶+アモルファス>単結晶>多結晶>CIGS薄膜
価  格 単結晶+アモルファス>単結晶>多結晶>CIGS薄膜

太陽光発電システムの概要

昼に太陽光パネルで発電した電力は、ご家庭の電灯や電気製品に使用する電力として利用し、使いきらなかった電気は電力会社に売却することができます。

(1)太陽電池モジュール
太陽光により直流電力を発生します。
(2)接続箱
太陽電子モジュールで発電した直流電力を集めてパワーコンディショナーに送ります。
(3)パワーコンディショナー
家庭で利用できるように直流電力を交流電力に変換します。
(4)カラーモニター
送信ユニットより発信した信号を受信して、毎日の発電状況を画面で確認します。
(5)電力量計
従来のメーターとは別に電力会社の買取専用のメーターを設置します。

太陽光パネルメーカー

機能等に関する詳細情報は、各メーカーのホームページをご覧ください。弊社では、様々なメーカーの太陽光パネルを取り扱っておりますのでお客様のご要望に合ったシステムをご提案いたします。